忍者ブログ

adagio days

なんてことないけど たいせつなきょうのできごと
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

空色のもと

100203_0904~02.jpg
   先日、ワタリウム美術館に行ってきました。
   展示は元々ミュージシャンだったジョン・ルーリーという作家のドローイング展でした。
   以前に美術館のサイトで展示を知り、どうしても見てみたいと思ってたので、
   バタバタとした滞在期間でしたが、見に行ってきました。

   いつだったか、【挫折を知らない人は野望、挫折を知る人は志をもっている】と聞いたことがある。
   そのときになるほどなと思った記憶がある。思い当たる節があったから。
   そして今回彼の作品を見て、この言葉を思い出した。
   おそらくは彼の作品と館内で流されていた彼がミュージシャンとして活躍していた時の映像が流れていて
   そこから野望と挫折と志のすべてを感じたからだろうと思う。

   その作品は木々の緑があり、とても綺麗な水色の空が広がっていて、鳥が飛んでいる作品。
   その空には作品のタイトルでもある【これがメッセージだと私はよびたい】の文字。
   多くの人は空を見上げ、思いを馳せる。そんな思いの塊が空であり、空はその思いのすべてを包み込む。
   水色に、時には真っ青な青色に。分け隔てなく全てを同じように。
   空の色や高さ。その全てが自然のもので、その下で私たちは生かされているのだけど、
   それでも私たちの思いででも、自然は作られているような気がした。おこがましいけど、つまりは共存。

   機会があれば、是非。
   ◇ワタリウム美術館 : http://www.watarium.co.jp/
   
PR

Comment

無題

  • ツヨシ
  • 2010-02-21 16:19
  • edit
フィーリング的に
とても好きな感じの絵です
東京まで行ったの!?
すごいねーあゆみちゃん

ツヨシクン>>

  • AYUMI
  • 2010-02-23 01:49
  • edit
そうですね、すきそーですねー。
くんちゃんのお誕生日パーティーのついでに見てきました。
色のやわらかさとは裏腹な暴力的なタッチや言葉の表現が印象的でした。
内面が外に外に溢れ出して止まらないといったような力のある作品でしたよ。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

× CLOSE

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[08/09 AYUMI]
[08/09 サチ]
[04/18 AYUMI]
[04/14 ツヨシ]
[01/16 AYUMI]

最新記事

(02/10)
(05/01)
(04/26)
(03/12)
(03/05)

最新TB

プロフィール

HN:
AYUMI
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R

× CLOSE

Copyright © adagio days : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]